睡眠障害を克服する

2017年9月12日(火)。東京都板橋区は雨です。皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は、寝る技術といったお話しをしたいと思います。

疾患を患う前後、睡眠障害に悩まされた方も多いかと思います。

私の場合は、全く寝れない日々が続きました。

寝れないと焦り、さらに自分を追い込むといった悪循環ですね。

睡眠薬を飲んだ場合であっても、寝れなかったりしました。

寝ようともがき苦しみ、歩いたり、本を多読したりするのですが、

いっこうに寝れず、ベッドに横たわるもののちょっとした物音が気になって

イライラし余計に寝れません。脳神経が過敏になっていたのでしょう。

寝るという本能的な行為が損なわれると、生物は異常をきたします。

普段できることが出来なくなったり、不安な考えに囚われたり、考えがまとまらなかったり、

通常の社会生活を送ることは当然困難になってきます。

それがプレッシャーがかかる場面では余計にそうでしょう。

この様な状況から解放され、不安が取り除かれ、睡眠も取れるようになってくると心と体は急激な回復に向かいます。

緩解してもたまに寝つけない日々もありますが、以下のように考えるようにしております。

「寝れなくてもいい。明日、眠気と戦えばよくここで悩むよりもましである」

この様な思考に落とし込みます。

この思考方法も私の友人に教わった考えです。

皆さまは、如何でしょうか?

寝れないと悩み、一日中寝れずに思い悩む選択をするよりも寝れないとキッパリ諦め、

翌日に負荷を引き受ける判断を脳内で行う。こうすると、逆に「すっと」寝れたりします。

睡眠で悩んでいる方は、是非思考を変えてみてください。

 

本サイトでは、皆様の疾患体験を募集しております。

皆さまの疾患体験を匿名にて本サイトに掲示させてください。

体験を教えて頂くだけでなく、そこから学んだこと、これから注意していきたいこと、

参考になった書籍等も教えてください。本サイトを通じてあなたの貴重な体験が他患者様の病状改善に必ず役に立つ時が来ます。

どうか、お気軽に本ページ問い合わせメールフォームでご連絡ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です