2018年末の鬱状態からの復調

本ブログ読者の皆様、こんにちは!2019年新年明けましておめでとうございます。初告白となりますが、今私は日本で働いておりません。よって、日本のお正月休みは一切なく、1月2日から仕事に従事しているといった状態となります。もちろん土日は休みですよ。ご安心ください。今日は、今の私の心の中を調べてみて、昨年の状態を振り返っていきたいなと思っています。そこで、色々書いていて自分の中で良い発見があれば良いなといった軽い考えで本記事を書いております。さて、2018年の年末(11月~12月末)、私の心は大変に乱れておりました。理由は大きく2つあります。一つは、付き合っていた彼女との確執。もう一つは、次々と要求が大きくなっていた仕事に関してです。後者の方は、私にとってはお決まりのストレス内容だったのですが、前者のストレスが2重になり過去の鬱状態と類似した状況となってしまいました。今までの記事では、克服法とか書いてきましたが私も何度も同じことを繰り返してしまいます。いくら鍛えても鬱というのは突発的にやってくるものです。今では、一生付き合っていくのかなと考えておりますが自分でその状態が分かりますし、どうすれば快方に向かのかも分かっておりますので悲観的になったりはしません。さて、私がその様な状態になって施した対処ですが先ずは病院に行きました。2018年の5月に環境が変わり、まったく寝れなくなったときにお世話になった病院に行ってきました。総合病院なのでその時にかかったお医者様ではありませんでしたが、同じお薬を処方していただきました。薬に頼るのは良くないという非論理的な方もいらっしゃられるのですが、そんなことはございません。頼れるものにはなんでも頼りましょう。薬を処方され、少しの安心感を得た私は年末を南の島で過ごすことになります。ホテルで4泊過ごし、次々にやってくる悪心を経験しました。5秒おきくらいに悪心が来ましたので、いかに自分の精神が削り取られていたかを把握することが出来ました。そんな状態でしたので、勉強をしようとか自己研鑽だとかのパワーは一切生じずにひたすらなにも考えないことを意識しながらリラックスをする術を試してみたのでした。

  • 好きなバイクにのってみる。スクータを借りて、色々とまわっておりました。元々運転が好きなので良い気分転換になったと思います
  • プールサイドでくつろぐ。日差しを浴びて太陽のパワーを受け取ろうと日光浴をしました。こちらも良いリフレッシュとなります。
  • 日本食を食べる。今いる住環境では美味しい日本食を食べることが困難なので、ネットで探した美味しい日本レストランにいってきました。食は全ての基本ですね。パワーみなぎります。
  • おっしゃれな施設に癒される。ジム、プール、レストランが一体となったおしゃれな施設にいって、ワインを頂きました。アルコールの力も借りちゃって問題ないですよ
  • 歩く。よく寝る。鬱状態からの回復はなんといっても、寝ることです。寝るためには体を疲れさせる必要があります。よく歩きました。

こんなことをやって、年初はほとんど回復状態となりました。回復状態といえるのは、悪心が極端に少なくなった。怒りの感情が消えたことから断言できます。何でも鬱と回復を繰り返すと自分の状態を把握するための知恵がついてきます。正直本記事は私のメモ用と書きましたので、万人向けではないですが何かお役にたったり、皆様の気づきにつながれば幸いです。

それでは、2019年も1日1日に集中して未来をみず、過去を振り返らず生きていきましょう!!「俺は、私は、ついてる!ついてる!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です