悲観主義者になるな

こんばんわ。

管理人のマイロです。

最近、本サイトへの訪問者が急に増えてきました。

Google analyticsを分析する限り、大愚元勝和尚の教えに関する記事へのアクセスが増えていることが分かりました。

今やYoutuberとして24万人の登録者がいる稀有な和尚さんです。

そんな彼の影響力のおかげなんですが、当方の気づきなどが他の方に伝達されているのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

さて、大愚和尚の話も絡みますが今回のお話です。

最近、Podcastで大人気のCOTEN RADIOをよく聞かせていただいております。

このPodcastの素晴らしいところは、株式会社コテンの深井龍之介さんと、楊睿之さんが歴史上の人物にフォーカスをあて、徹底的にその時代のバックグラウンドと人物を調べ上げ視聴者に面白おかしく、時に感動すら与えて知識を共有するといった、全くありがたい番組なのです。

本ブログ執筆時点で、最新のテーマは、ヘレンケラーとサリバン先生でした。

このストーリーの中で、深井龍之介さんの言葉がすごく印象に残ったので備忘録として残しておきます。

下記に記載する言葉は正確ではないですが、彼はヘレンケラーが残した言葉から以下のような発言をしておりました。

自分は、元々は悲観論者で後天的に楽観論者にかわった。悲観論者に一理もないとわ言わないが、悲観論者でありつづけることは全くの無意味である。

この言葉を記憶して、本ブログで紹介している、大愚流 一夜賢者になろうをご一読ください。

きっと、あなたが生きるヒントのカケラがあると信じています。

今日も「歩けて、ご飯食べられて、汗をかけて、働けて、母の頼まれごとをこなして」大変幸せな一日でした。

ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です